都心に安く家を建てたいなら狭小住宅を建てよう

狭い土地に建てる住宅

家

様々な費用を抑えられる

狭小住宅とは一般的に15坪以下の敷地に建てられた住宅のことで、土地の価格が高い東京では、よく建てられているタイプの住宅です。東京にある土地は狭いだけでなく、変形していたり隣家が密集していることが多いため、狭小住宅を建てるときには土地を最大限に活かすように工夫が必要です。狭小住宅を東京で建てるメリットは、土地の面積が小さいため購入する費用が安く済むことです。一般的なサイズの住宅を東京に建てようとした場合、土地の費用だけで5000万円程度は必要になり、経済的な負担が大きくなります。狭小住宅であれば土地の費用は2000万円程度で済むため、建物代を含めても3000万円程度の予算があれば、家を建てる事ができます。普通のサラリーマンが、東京に一戸建てを購入する事は現実的ではありませんが、狭小住宅であれば都心に憧れのマイホームを持てます。また東京で狭小住宅を建てるときには、申請や登記にかかる費用は土地の面積に応じて変わるため、費用が安くなります。住宅を建てた後も土地の面積に応じて、固定資産税や都市計画税が決まってくるため、税金を安く抑えられます。東京に狭小住宅を建てるときには、狭いからこそデザインを工夫して、自由に家づくりを行いましょう。狭小住宅はシンプルなデザインで使い勝手を重視することで、普通の住宅と変わらない快適性を実現することが可能です。狭小住宅を建てるときに気をつけたいのは生活動線で、家事をするときに階段の上り下りが多くなる動線は、避けることが大切です。