都心に安く家を建てたいなら狭小住宅を建てよう

工法と構造の特長

女性

小さい家に向いている

家の工法を大きく分けると、在来工法とプレハブ工法とに分けられます。在来工法は主に、素材を現場に持ち込んで加工や組み立てを行う工法で、伝統的な木造や鉄筋コンクリート造などが該当します。プレハブ工法は、素材の加工や組み立てを可能な限り工場で済ませ、現場では組み立てが中心になる工法で、同じものを大量につくると特徴を生かすことができます。ハウスメーカーで採用していてユニット工法やパネル工法などがあります。東京の狭小住宅は色々な厳しい条件をクリアするため、普通の住宅以上に工夫が必要です。しかも一軒ごとにその条件が異なるという事情があり、典型的な一品生産物になります。したがって、東京の狭小住宅の工法は、それに適した在来工法が向いています。在来工法で建てる建物を構造で分けると、木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造などがあります。木造の軸組構造は、基礎の上に土台を敷き、その上に、柱を立て梁をかけて屋根の骨組を組むという昔から大工さんによって行われてきた伝統的な構造です。きめ細かな対応が取りやすい構造なのが特長で、東京の狭小住宅の建築に向いています。ツーバイフォーは木造枠組構造といい、北米の在来工法です。規格寸法の木材と、規格の構造用合板とを釘留めでつくった版が、この工法の構造体になります。1階の枠組を建ててから2階へ、最後に屋根の枠組と工事の進み方が軸組構造とは異なります。木枠と合板で固めた壁が構造体になるので、間取りでは壁の配置が優先されますが、細かな対応は可能で、やはり、東京の狭小住宅に向いている構造といえます。