都心に安く家を建てたいなら狭小住宅を建てよう

狭い土地の有効利用

積み木

個性的なデザインが多い

東京都内では、郊外のようなまとまった土地が出ることはほとんどなく、また売りに出たとしても非常に坪単価は高くなります。そこで、都内で戸建て住宅を考えた場合、敷地が小さく、変形土地を上手く活用することが戸建てマイホームへ近づく道なのです。狭小住宅とは、決められた定義はありませんが、一般的に15坪以下の土地に建てられている家のことを指します。15坪の土地といっても、土地全体に建物を建てられることは少なく、様々な制限が設けられていることが多くなります。こうした制限が付けられている土地は、更に土地単価が安くなる傾向があり、少ない予算で家を建てたい人にはメリットの大きな土地なのです。狭小住宅は、個性的なデザインの建物が多く見られます。これは、狭小地が東京という都会にあることが一つの理由でもありますが、通常のデザインでは家が建てることが難しいという一面もあります。狭い空間を最大限に利用する必要があり、設計段階から常識とは離れたアイデアを求められるのです。ただし東京での狭小住宅は、デザイン性や様々な工夫を凝らすことで、建築費が高騰する可能性もあります。せっかく土地を安価に手に入れても、建築費が高くなってしまっては総費用がかかり過ぎてしまいます。そこで、東京で狭小住宅を考える場合は、都内で多くの狭小住宅を手掛けている事務所に依頼するといいでしょう。また周囲を住宅に囲まれている場合は、窓を大きく取れず、採光を工夫する必要があります。プライバシーの確保とともに、暮らしやすさを手に入れるためにも、狭小住宅は専門性の高い事務所に任せるようにしましょう。